「将来はタイへ!!」望む未来の道へ踏み出した22歳未経験エンジニア。|GSブログ

こんにちは、グローバルセンス採用広報の山口です!

今回はグローバルセンス(通称GS)の李さんにインタビューをしてお話を伺ってみました。

李 広樹(リ グァンス)さん (22歳)
現在は新入社員につき研修中でPHPを勉強中。
趣味は読書やランニング。時代小説が特に好きらしい。


タイ移住の夢を叶えるべく、GSへの入社を決意。

ーーGSに入社されたきっかけは何だったのでしょうか?

TwitterでGSのメンバーの方からフォローされたのが実は始まりなんです。

「#駆け出しエンジニア」のハッシュタグで呟いていたところ、その方にフォローされてやり取りが始まりまして…。

それが嬉しかった反面で、実は将来的に僕は気候の良い海外(タイ)で働いて生きて行きたいと考えているので、就活はなかなか厳しいだろうな…と考えていました。

そんな中、グローバルセンスの『ココ飲み』に参加をして、将来はタイに移住して働きたいことを工藤さんに話したら「全然いいよ、面白そう。詳しく教えて」と次のステップに進みました。

で、実際にそのことを代表の工藤さんとの面接の時に伝えたら、「まずは現場で働いて、幅広い技法と一人前のスキルをつけて、それから海外にGSの開発拠点を創るという方法で叶えることもできるんじゃないかな?」とスッと言ってもらえたのが、かなりビックリだったのを覚えています。




ーーーそれはすごいですね。その面接では他にどんな話題が出たのでしょうか?

基本的にはどんなビジョンでどんな経営方針かを話してくださったのですが、それにものすごく共感しました。

自分は人に自分を曝け出すのが苦手で、人に悩みごととか言えない性格なので、社長との心理的距離も遠く感じていた。対比して、GSは社長との距離が近く、悩みごとも打ち明けやすいので安心感を感じました。通常は海外移住の野望などを話すと『現実的じゃない』など厳しいことを言われますが、工藤さんの口から出る言葉はそれとは真逆のものばかりで、話していてすごく信頼できそうだなと感じたんです。

「誰もが幾つになっても活躍できるように」という思想がベースにあるので、いつも一人一人のことをしっかりと考えてくれていて。内定を自分で出す「No内定採用」の面接スタイルからもそれはとても感じましたね。

「高い給与を渡して会社と繋がって、より高い給与があるところに転職できればすぐにバイバイ」ではなくて、お金だけではない深い想いのところで会社と個人が繋がるように考えていたのも好感度が高かったです。

僕はお金よりも環境や仲間の方が大事なので、余計にその社員一人ひとりと向き合ってくれてる感覚に共感を覚えて、すぐに入社を決めました。


入社後のギャップが「良い意味」であった。

ーー実際に入社してみていかがですか?

純粋に「ヒトがいいな」って思いました。

自分は人に何かを質問するのが苦手で、以前の職場では質問をするのが怖かったんですけど、GSでは一緒に悩んでくれる。自分が困った時に一緒に困ってくれるという単純なところすらもが、僕にとってはすごく嬉しくて。

なので、入社し研修に入った当初は『質問しても大丈夫かな。。』と心配だったけど、質問してみたら全然違くて、すぐに質問をバンバンできるようになりました。

他にも、自宅みたいなオフィスだから社長ともものすごく近いのもポイントですし、研修もスタートアップ企業とは思えないほどにしっかりやってくれるんですよね。

実際入ったらいきなり飛ばされるということはなく、しっかり研修してから送り出してくれるのは未経験エンジニアとしては安心・安全度が高いです。

入社してからギャップがあるどころか、より良い面を感じられて余計にGSのファンになりましたね(笑)



ーー良い意味で入社後にギャップがあったのですね。研修ではどんなことを学ばれているのでしょうか?

基本的にPHPを勉強していて、教科書で毎日学んでいます。

PHPの上級資格を3か月でとろうと勉強中なのですが、PHPは未経験だとなかなかに難しく苦労が絶えません(笑)

だけど、論理的に考えて書いていけばきちんと返ってくるのがとても嬉しくて達成感が強いですね。


あとは、研修とは少しずれるかもしれませんが研修中にたくさんの人にお世話になっている経験から、僕も将来的に何か質問されたら笑顔で誰にでも答えられるような人間になりたいと思うようになりました。

先程お話したように多面的に色々と良い組織にいるので、そこにすがりつくのではなく、みんなを引っ張っていけるようなリーダー的な人間にいつかなりたいです。

目指す目標は工藤さんです(笑)


組織の和を共に守ってつくっていける人に来てほしい。

ーーこれからGSに来て欲しい人の特徴を教えていただけますか?

ビジョンにマッチしているのはすごく大事なので、まずはそこですね。

逆にそこの部分を守れないと、組織の和も崩れていくかもしれないから、偽り無く話をしてみてGSに合う人にはぜひ来て欲しいし、それでも合わない人は合わないのでそれはそれでいいんじゃないのかなと思います。


ーーありがとうございます。それでは最後に、これからグローバルセンスに応募してみたいと思う方へ一言お願いします!

リラックスしてきてください!逆にそれだけです。

というのも、「素の自分」をさらけ出せるからなんですよね。それは工藤さんらしさが社風に出ているから。

表裏なく真摯に話を聞いてくれるので、まずは思っていることをぜひ話してみてください。

また、社内のメンバーもどんな人に対しても明るく接する方が多いので、まずは気軽にイベントなどへ遊びに来ていただけたらと思います!

ーー李さん、ありがとうございました!

以上、李さんへのインタビューでした。お忙しい中、インタビューを快く引き受けて頂きありがとうございました!


★GSの「誰でもいつでも遊びに来れる社内イベント」はこちらから!

・Facebook:https://www.facebook.com/globalsensecorp/

・Wantedly:https://www.wantedly.com/companies/gb-sense/projects


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る