巨大塊肉をオフィスでワイワイBBQ!|ココ飲みvol.6レポート

こんにちは、グローバルセンス採用広報の山口です!

今回は9/28に開催された「ココ飲みvol6.〜秋の夜長にビアガーデンBBQ〜」の様子をレポートいたします!


・・・・・・・・・・

気温も涼しくなって蝉の声もなくなり、太陽も早めに姿を隠す秋の夜。

コツコツコツとオフィスへの階段を登り、開始時間の19時手前頃になってオフィスに到着すると、すでにテーブルの上がとんでもないことになっていました。


山口:「おつかれさまです。工藤さん(代表)、これどういうことですか??」


工藤:「山口くん、こんばんは~。今日はこれを焼くんだヨ!」


…アメリカのホームドラマかよ!

もはやITベンチャーのそれではありません。

「とりあえず休日だしBBQしようぜ〜!」というベンチャー企業は採用イベントは今までいくつも見てきましたが、この「BBQって、海外だとこんな感じだよね?」と言わんばかりに並々と連なる肉の数々。

奥の方の肉とかもう、シーズニングやコショウばっちりに下味つけて逆に大丈夫ですか?下ごしらえ完璧すぎませんか?と、こちらが心配を逆にしてしまうほどの本格的さ。

ただ事ではすまないようなBBQの幕開けに僕は驚きを隠せません。


ちなみにお肉のラインナップは以下の通り。

・サーロイン
・肩ロース
・カンガルー(!)
・骨付きカルビ
・サーモン 1匹

カンガルーって。。。

そして畳み掛けんとばかりに、工藤さんからこの一言。



工藤「グリル温めてくるね」

ん?この男、いま何を言ったのでしょうか?

もしかしてBBQグリルがオフィスにあるという意味でしょうか?ここはベンチャー企業、フェーズ的に言えば”スタートアップ”と称される企業。

そんなところにまさかBBQグリルなんて設備がある訳が…。

あ、それとも何か高度な比喩表現を使って僕らの分からないものを指しているのでしょうか?

BBQが隠語だとしたら何だ?バーバリアン・ビリヤード・クイーンか?誰だそれは。ちょっと会ってみたい。何なんだBBQって…BBQ、バーベキュー、ばぁべきゅぅ、ばrベアque…。


と、BBQという文字がゲシュタルト崩壊を起こし始めている僕を横目に、工藤さんは本当にオフィスのバルコニーにあるBBQグリルに火をつけに行き、おもむろに肉を焼き始めました。


ナニ屋だよ…!

ここはナニ屋だ、本当に…。こんなグリルが普通のオフィスにあるものなのか…。

たしかWantedlyのグローバルセンス株式会社の会社ページに「現在は代表が起業をするきっかけとなった原体験に基づき、SES派遣・常駐、Webサービスの受託開発サービスを中心に展開。」って書いてあったけど、「肉屋」とか「BBQレストラン」とか書いてなかったはず。

しかし、この肉を嬉々としてニコニコ焼くこの顔は完全に「シェフ」。社長とかエンジニアじゃなくて「シェフ」。


※ちなみに、代表の工藤の起業のきっかけ等が書いてあるインタビュー記事はこちら。

https://www.wantedly.com/companies/gb-sense/post_articles/130098


ハイエナがごとく、焼けたその瞬間から爆速で肉に群がるメンバー一同。

写真撮ります!って言っているのに食欲が理性を上回っているせいで、動きが速くてブレてるよもう!

お肉の味は先ほどの見た目から想像できる通り、もしくはそれ以上。


もう美味すぎて柔らかすぎて訳が分からないお肉を頬張りながら、工藤さんに先ほどの疑問を解消すべく質問をしていきます。


山口:「どうしてITベンチャー企業にこんなグリルがあるんですか?しかもメンバーが基本的に客先常駐スタイルのSESという働き方なのにこんな大きなグリルを…(経費の使いどころ分かりません!とか言ったら怒られるかな…?)」


工藤:「逆だよ、山口くん。GSはみんなで楽しめるもの、使い倒せるものは積極的に買う。なぜなら、そこからより多くのメンバーの笑顔が生まれるから。このグリルの例で言えばさ、自宅にこれは置けない。でもいつでも誰でも使える場所に、こんな設備があれば、週末のホームパーティとかやれるじゃん。そしたら友人や家族の笑顔も増える。だから”みんなで使い倒す買い物”ならばメリットだらけだって感じるんだよ。

働き方に関して紐付けて言えば、SESは僕も経験者だしさ、孤独になりやすいというのはよく分かっている。普通は自社と関わり薄いしさ、悩んだ時に連絡しづらいもん。そして抱え込んじゃう。。。

だからこそ、普段の関わりあい方って大事なの。そんな想いや考えがあるから、普段からみんなでチャットも頻繁にするし、こうしたオープンイベントもたくさん開く。

こうした機会と時間、そこから生まれる安心感のある繋がりがあるからこそ、悩んだ時にお互いさらけ出して助け合えるんだよね。


GSは未経験者も積極的に採用しているから、特に悩んだ時の助け合いはとても大切。こんな日常があって、いつでも帰れる感覚から自然と生まれるものだから。

あたりまえだけどイベントは自由参加だからメンバーも好きな時に参加。気分が乗らない時は不参加でOK。

普段は現場がバラバラなみんなで集まるイベントの時だからこそ、こんな他のところにはなかなか無いようなグリルがあって、美味しいものをみんなで食べられても、それはそれでハッピーも増えるかな〜って」


山口:「たしかに…。そもそもGS自体の風土として”Enjoy&Exciting”ってありますもんね。」

工藤:「そうなの、それがすごく大事。だからさ、山口くんも仕事は置いておいて楽しんでネ」


・・・完全に僕が間違っておりました。

たしかに、SESだからこそ、一人ひとりの繋がりが自然と生まれる環境は大事だし、そうした「仲間がいる」という心理的な安全があるからこそ、楽しんで仕事をすることができる。

とてもシンプルで、とても大切なことがこのBBQには沢山詰まっておりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


という訳で!「巨大塊肉をオフィスでワイワイBBQ!ココ飲みvol.6レポート」いかがだったでしょうか?

毎月こうした社外の方も参加可能なオープンイベントはたくさん開催していますので、気になった方は下記の各種ページからお申し込みをどうぞ!

未経験エンジニア採用にご興味のある方も、気軽にまずはご連絡くださいね!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る